賃貸マンション・アパートの台風対策

今回は、賃貸アパート・マンションでの台風対策についてご紹介します。

まず大切なのは、台風が発生した場合、他人事と思わず最新の天気予報やニュースをこまめにチェックすること!

被害を最小限にするため、自分でできる対策は台風が接近してくる前に事前に行いましょう。

『ベランダの排水溝チェック』

排水溝にゴミや砂、葉っぱなどがたまっていた場合、雨水がうまく流れず、ベランダに水がたまってしまいます。その結果、居室内へ水が浸入や下の階への水漏れが発生する場合もありますので、排水溝は掃除をしておきましょう。

『ベランダに置いてあるものを室内へ移動』

ベランダに置いてある植木鉢、スリッパ、物干し竿等は風で飛ばされる危険があります。居室内に移動が可能なものはすべて移動しましょう。

ただし台風が接近し、雨や風が強くなった後にベランダにでることは大変危険です。

『ベランダ置きの洗濯機周りの固定』

洗濯機がベランダ置きの物件の場合、洗濯機の蓋やコード、ホース類をガムテープなどで本体に固定しましょう。ごみ袋などをかぶせる方もいらっしゃいますが、風が中に入ると帆のようにばたつき、余計に危険ですので、風が入らないように留めておく必要があります。

『雨戸・カーテンを閉める』

万が一、外からの飛来物等により窓ガラスが割れた場合、割れた破片が居室内に飛び散り怪我をすることがあります。雨戸やシャッターがある場合は、閉めましょう。それらがない場合、カーテンを閉めておくと、もし窓ガラスが割れても、カーテンが壁となり室内への飛散が最小限に留まります。また風が強い時間帯には、なるべく窓から離れた場所で過ごしましょう。

『ライフラインが途絶えた時の備え』

外にでることができない状況下でライフラインが途絶えた時を想定し、水や食料の備蓄をしましょう。特に水の確保は非常に重要です。飲み水だけでなく、トイレ用の水の確保も必要ですので、空のペットボトルに飲み水を用意したり、浴槽に水を貯めてトイレ用にするなどして下さいね!

モバイルバッテリー等をお持ちの際は、充電を満タンにしておくことをお忘れなく。

注意報が発令されてから動くのではなく、早め早めに行動して下さい。

当社管理物件にお住まいの皆様、もし大雨や台風などで被害が発生した場合は、すぐにご連絡下さい。スタッフ一丸で迅速に対応させていただきます。<連絡先> 058-239-5656