合格前予約の流れ・メリット・デメリット

今日は受験生の親御様からのお問い合わせが多い合格前予約の流れ・メリット・デメリットについて書かせて頂きます。内容が一部重複しますが合格前予約についての流れやよくあるお問い合わせについては、別のページにまとめておりますのでそちらも併せてご覧下さい。

合格前予約の流れや取り方は各不動産仲介業者によって異なります。下記の内容は、岐大前不動産の合格前予約に限定しておりますのでその点はご注意ください。予約の流れについては、その年によって多少変更することもありますのでご了承下さい。

合格前予約とは?

合格前予約とは、受験生の方向けの予約サービスです。前期合格前予約と後期合格前予約の2つがあります。お客様の希望するお部屋に合格前予約申込をしていただき(サービス対象外の部屋もあります)、合格発表日当日弊社指定の時間まで無料で確保できます。予約に際して申込金などは発生しません。予約ができる物件は申込者1名様に対して1物件のみとなっており、複数の物件へのお申込などは承っておりません。また大学寮を希望されている方はお申込をお断りしております。

合格前予約を利用する場合、合格された場合は予約した部屋に入居していただくことが前提となります。合格後に入居するか否か迷っていらっしゃるお客様につきましては、お気持ちが決まった後に合格前予約のお申込をしていただきますようお願いしております。稀に「入居するか分からないけど、とりあえずの安心のためにどこかの部屋を確保しておきたいから」という方もいらっしゃるのですが、あくまで合格後の入居が前提のサービス」である点に十分ご注意ください。

合格前予約の流れを教えて!

合格前予約申込の対象範囲は、空室募集中の物件全てではありません。その年の空室募集状況などを鑑み、オーナー様と相談の上で決定致します。HPには対象か否かは掲載しておりませんので、気に入った物件がある場合は個別にお電話やメール等にてお問い合わせください。予約の流れとしては、『お部屋探し→(希望する物件が合格前予約対象の場合)合格前予約申込→合格発表まで取り置き→合格後契約→ご入居』となっています。申込時は専用の用紙に記入いただきます。遠方で来店が難しい場合には、FAXやメール等で対応させていただきます。

合格前予約のメリットは?

色々な不動産仲介業者が謳い文句にしているありきたりな内容になってしまいますが、メリットとしては

1)自分の希望に沿ったお部屋が確保できているという安心感がある

2)合格発表後に急いでお部屋探しをする必要がない

3)合格発表後の混雑した不動産仲介業者店頭で案内や諸手続を待つ必要がない

4)合格発表後のお部屋探しの時間を、入学手続きや引越準備の時間につかえる

といった点が挙げられます。

合格前予約のデメリットは?

デメリットもあります。一番大きな点としては

1)全ての物件が合格前予約申込の対象ではないので、限られた物件の中から選択する必要がある

というところでしょうか。

合格前予約をしないとどうなるの?

合格前予約をしない場合、合格発表後にお部屋探しをすることになります。短期間でのお部屋探しになりますので、事前準備を入念に行って下さいね。下記のお部屋探しカレンダーに各月でのお部屋探しをする際のポイントをまとめましたので、そちらも併せてご覧ください。

合格前予約を検討されているお客様から「合格前予約をしないと物件がなくなってしまうのではないですか?」といったご質問をよくいただいます。確かに不安になりますよね。私どもの答えは「そんなことはありません。ご安心ください。」です。

なぜかといいますと

1)物件によっては合格前予約を受付しないものがあり、合格発表後初めて契約できるようになる物件もある(既に合格が決まっている推薦合格者の方や在校生の方、社会人など受験生以外の方が契約をする可能性はあります)

2)合格前予約を受けつけている物件は、合格発表後に一定数のキャンセル(=不合格者)が発生する

3)ここ数年大学周辺エリアの賃貸物件は、供給過多傾向である

からです。

但し合格発表後からは物件がどんどん決まっていき、日ごとに選択肢は狭くなっていきます。合格前予約をしない場合は、合格発表後すぐにお部屋探しをスタートして下さいね!どうしても早い者勝ちになってしまいますので、合格発表当日に動き出せるぐらいのお心持ちと事前準備をして下さい。

お問い合わせはこちら